即日キャッシングや無利息も出てきた銀行カードローンはかなり限られる

即日キャッシングや無利息も出てきた銀行カードローンはかなり限られる

Article

主婦がつづりレイクの使い方をご紹介

レイクが消費者金融ではなく銀行となりました。
新生銀行カードローンのレイクです。
主婦である私がつづり、今回はレイクの使い方についてご紹介していきたいと思います。
新生銀行となったものではありますが変わったところは総量規制の対象外となったところくらいのものです。
金利もわかりやすくはなりましたが低くなったわけではなく消費者金融時代とは変わりありません。
レイクは銀行でありながら消費者金融として気軽に利用することができるキャッシング会社になりました。
そして何よりも主婦にはうれしいことの変化があります。
それが「自宅への郵送物」です。
レイク 増額はかつては消費者金融でありましたので自宅への郵送物があるときにはその差出人はもちろんレイクではなかったものの開けてみなければわからないという差出人ではありました。
家族と同居する主婦にとってその怪しげな名称は危険なものであったことも間違いありません。
現在の消費者金融では例えばアコムであればacサービスセンターなどの差出人となっていますが、レイクは「新生銀行」としての郵送物になります。
些細なことではありますが、主婦にとってこれがまずは一安心であるということはお判りになりますね。
全国にはレイクが数多くあります。
そうはいってもスタッフがいる有人店舗ではなくレイクの自動契約機があるということです。
あちらこちらにある自動契約機をご紹介しながら、レイクの使い方を主婦の視点で見ていきましょう。

Article

総量規制は緩和されるのか?

自民党が総量規制の緩和と共に上限金利の引き上げを検討し始めた、というニュースを見聞きした方は少なくないかもしれません。「総量規制の緩和」と聞いて、一時的に資金が必要になった時に、貸金業者から借り入れを行おうと思っても借りられず苦しんできた個人事業主や低所得のため思うようにお金を借りることが出来なかった方らをはじめ「これでなんとかなるかもしれない」と期待に胸を膨らませている方もおられるかもしれません。
しかし、一方で、2006年12月に制定され2007年1月にヤミ金に対する罰則が強化されたのを皮切りに、2010年6月に完全施行されるまでに段階的に施行されてきた「改正貸金業法」はなんだったのか?そして、この数年間なんだったのか?そう思われた消費者や貸金業者も多いのではないでしょうか?
もともと、改正貸金業法案がでた時から、賛否両論ありましたが、議論を重ねた結果国が改正貸金業法を成立させ、法改正に伴い貸金業者にシステム化が必要なことや消費者金融への影響力を鑑み段階的に施行し、2010年に完全施行に至りました。もちろん、施行後にも改正貸金業法に関しては賛否両論、様々な意見が飛び交っている訳ですが、完全施行後4年も経たずして見直しを検討とは?首を傾げてしまった方も多いはずです。
安倍総理の采配&安倍総理を筆頭とする自民党議員らの考えでまた、我々庶民のマネーライフに大きな影響が出る可能性もあることから、今後の動向が気になるという方も多いことでしょう。

Article

消費者金融の必要性

消費者金融は時代とともに呼び方が変わり「団地金融」と呼ばれたときや「サラ金」と呼ばれた時代がありますが、消費者金融の必要性も時代と共に変化しています。
消費者金融が金融業界に出現したときは、サラリーマンという職業は花形の職業であった時代に大阪で始まりました。
当時のサラリーマンは終身雇用や将来に渡っての収入も保証されていて、当時は団地で生活するのは相当なステータスが必要だったため、団地に住むことは信用度が高く担保として本人の信用度だけでお金を貸していましたが、利用する側も一時的にキャッシングを利用し、借りた翌月には一括で返済をするといった借り換えカードローンおすすめキャッシングでした。
現在でもなぜ消費者金融が必要とされるのかといえば、その背景にあるのは一時期に比べると景気は少しずつ回復している傾向にありますが長引く不況がその原因といえます。
景気が回復傾向にあるとはいえ、企業に勤めるサラリーマンの賃金はなかなか上がらず、景気回復が目に見えて好転しているとはいえません。
そんな中で誰でもが手軽に利用できる消費者金融は「庶民金融」として多くの人が利用しています。
融資を受けるというだけを考えれば銀行や信用金庫などでも金融商品はありますが、必要な時に必要な分だけ利用できるという点を考えると、消費者金融の必要性は他の金融機関よりも利便性があります。
ただキャッシングは日常生活の中で必要性とされるものの使い方次第でメリットにもなりデメリットにもなるといえます。

Article

カードローンで即日融資

消費者金融のキャッシングはほとんどのところで即日融資を可能にしていますが、最近は銀行のカードローンでも即日融資が可能なところも増えてきました。
カードローンの即日融資を申込むとき、まぎらわしいのが「即日審査」で、即日融資と即日審査は同じではなく即日融資はその日に申込んでその日に融資が受けられますが、即日審査は申し込んだその日に審査がおこなわれ、審査が終わったあと契約書類が送られてくるので契約書に必要事項を記入し、なつ印して必要書類を同封して再送することになり、このような流れから考えると即日審査でキャッシングが出来るようになるのは1週間〜2週間が必要になるので即日融資ができません。
また即日融資をおこなっていても、ネット銀行のほとんどがそうであるようにお金は口座に振り込まれるため、事前に口座を作っておかなければならないというところもあり、消費者金融のように何の準備もなく即日融資が可能なところは限られてきます。
三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は即日融資がほぼ可能で、審査も銀行カードローンのなかでも通りやすく、インターネットから申込みをすれば最短30分で審査が終了することや、テレビ窓口から申込をすれば最短40分でカードの発行がおこなわれます。
新生銀行のカードローン「レイク」はもともと消費者金融の「レイク」が新生銀行にすべてを含めて譲渡していることから、消費者金融のシステムやノウハウをそのまま利用して審査をおこなうため最短30分で審査が終わるといったスピード審査を可能にしています。
急いでいる時も比較してお得に

Article

消費者金融での借金が返済できないかもしれません……。

先日、インターネットで目にしたのが、「消費者金融でお金を借りました。でも返済できないかもしれません。どうしたらよいでしょうか」という、質問でした。
お金を借りたのに返済できないかもしれない……。何か、特別な事故がおきたのでしょうか?会社が倒産したとか、身内に不幸があったとか。まさか、始めからわかっていたのに、借りたなんてことはないですよね……。
いずれにせよ、借金が返せないということは、大問題です。
まず、返済が遅れれば、延滞・滞納の扱いを受け、利子はかさみ、さらに遅延損害金を請求されるでしょう。また場合によっては、同時に一括請求を受けることもあるそうです。
電話や手紙などによって、督促も受けることになるでしょう。実家や勤め先にも連絡が行くことになります。
最近では、始めから返すつもりはなく、借りるだけ借りたら、自己破産宣告してしまえばいい、なんて安易な考えで、多額の借金を簡単に作る若者が増えているそうです。また、消費者金融のトラブルについて悩んでいる人が、現在およそ300万人いると言われてます。
消費者金融は、無担保でお金を貸し、返してもらった利子で儲けを得ています。返済してもらわなければ、潰れるしかありません。返済が滞りなく進んでいるのであれば、何のトラブルも起きません。なぜこれほど多くの人々が消費者金融のトラブルで悩まなくてはならないのでしょうか。返すことができないのに、お金を借りるべきではありません。キャッシング 即日借りたら返す、そんな当たり前のことができない世の中になってしまっているのでしょうか。

Article

総量規制対象外とは銀行のカードローン

総量規制対象外のローンとは、総量規制という法律を気にせずに借り入れすることができるローンなどのことになります。総量規制によって借り入れできる金額は明確に決められているのです。
年収の3分の1までしか絶対に借り入れできないというのが、総量規制なのです。総量という名の通り借り入れをすべて合計することになります。しかしこれは、あくまでも貸金業法による規制なのです。ということは、貸金業者からの借り入れでなければ総量規制対象外のローンになりますね。
貸金業者以外で借り入れできる金融機関といえば銀行でしょう。以前は銀行では審査の厳しさや時間がかかることで、申し込みしにくいというものでしたが、現在はカードローンなどでは審査時間は大変短くなっています。
実は消費者金融などへの規制である貸金業法を改正した時には、借り入れできなくなる方が増えるであろうと予測され、その対策として銀行の個人向けローンを充実させたという背景があるのです。個人向けのローンにあまり力を注いでいなかった銀行が、カードローン商品を充実させたのは貸金業法の影響も少なからずあったということです。
利用者への使いやすさを追求していますので、審査時間や借り入れ、返済方法なども消費者金融のキャッシングと大きな差がないのです。すぐに借りられるということは消費者金融の特権のようでしたが、銀行カードローンなら即日、2〜3日でお金を借りる審査が完了するようになっています。借り入れできる金額の点だけでなく、ローンとしても優秀な銀行カードローンは、キャッシング方法としてもイチオシでしょう。

Article

即日融資できる消費者金融

お金を借りる時に、どのような点に注目して会社を選択するでしょうか。
金利、限度額、返済方法など、様々な項目を比較検討して、借入先を選択します。
今日中キャッシング即日融資対応という項目も、とても重要な項目の一つではないでしょうか。
最近の消費者金融では、審査のスピードが格段に向上しています。
どうしてもその日にまとまったお金を借りたいという利用者の声に応じて、即日融資対応のシステムが開発され、運用されています。
そこで、即日融資可能な人気消費者金融を、数社紹介してみましょう。
?プロミス
日本のメガバンクの一つであるSMBCグループが運営する消費者金融です。
ポイントサービスに加入すると、初回の借入が30日間無料になるという、魅力的なサービスがあります。
女性専用のレディースキャッシングも準備されており、多くの方が利用しています。
実質年利:4.5%〜17.8%
借入限度額:1万円〜500万円
?アコム
こちらも、メガバンクの一つである三菱UFJフィナンシャルグループの運営する消費者金融です。
コールセンターの対応の評判が高く、申込フォームも分かりやすいと人気があります。
審査時間は、最短で30分という格段のスピードを誇っています。
実質年利4.7%〜18.0%
借入限度額:1万円〜500万円
?アイフル
借入申込可能年齢が、最高70歳という高齢者でも利用できる消費者金融です。
審査時間は最短30分、即日融資と即日振込にも対応おり、多くの方に人気があります。
提携先も多く、あらゆるATMが利用できる点も大きなポイントです。
実質年利:4.5%〜18.0%
借入限度額:1000円〜500万円

Article

銀行のカードローンの良さ

低金利のカードローンを提供してくれるキャッシング会社を選ぼうと思うのであれば、中でも銀行のカードローンは低金利にかけては随一ですので、ぜひチェックしてみてください。
そもそも銀行が運営しているということもあって、その基盤の安定性から低金利でカードローンを提供できるということもあるのですが、何より一般的なキャッシング会社では「上限金利は15%から20%まで」と決まっているのに対して、銀行のカードローンはその法律の適用対象外になるため、より低金利でカードローンを提供できることになっています。
また銀行のカードローンは別ページにて解説しております「総量規制」に関しても、適用対象外となるので、年収の3分の1を超えた融資を希望することも可能です。
このように、良いことづくしの銀行のカードローンですが、デメリットとしてあげられるのは、一般的なキャッシング会社と比べてしまうと、どうしても審査が若干厳しめになっていることです。
ただし最近では、銀行のカードローンも広く多くの人に利用してもらえるようにという動きが大きく、カードローン審査基準も緩和されてきているそうなので、それほど一般的なキャッシング会社との差はなくなってきてはいます。
パートやアルバイトでも融資が可能であることをあげている銀行のカードローンも増えてきており、職についても正社員でなくてはいけないといったこともないので、キャッシングをはじめてみようという際には、一度銀行のカードローンも検討してみて良いかもしれません。

Article

カードローンキャンペーンの内容

町中には、多くのカードローンの広告・宣伝を見かけることができます。
その中でも、ひと際目を引くのが、「キャンペーン」の文字です。
どうも、私達は、この「キャンペーン」という言葉に弱いようです。
顧客獲得手段の大きな方法である、カードローンのキャンペーンについて考えてみましょう。
所得証明書不要カードローンのキャンペーン内容には次のようなものがあります。
?キャッシュバック
カードローンを新規で契約し、借入を行うと、一定額が返金されるというものです。
多くは1000円単位を少額ですが、利息に充当できたりするのが魅力的です。
?無利息キャンペーン
カードローンを新規で契約すると、一定期間、利息無しで借りることができます。
無利息期間は様々ですが、お金を利息無しで借りることができるのが魅力的です。
?ポイントサービス
カードローンを新規で契約すると、会員制のポイントサイトにおいて、一定額のボーナスポイントが付与されることができます。
?豪華商品
カードローンを新規で契約した方に、もれなく豪華商品が当たるというものです。
全ての契約者を対象とするものではない場合もありますが、魅力的な商品が満載です。
これらのキャンペーンは、カードローン取扱会社のサービスの一環です。
しかし、このキャンペーンだけを、カードローン選択の際に重要視することは避けておきましょう。
あくまで、自分の目的や収入状況に応じたカードローンを選択することが必要です。
その為には、キャンペーン内容よりも、商品自体の内容、金利や借入限度額、返済方法といった項目が重要になってくるのです。

Article

お金を借りるにはどんな方法があるか~私的編

お金を借りる方法は、どんなものが思いつきますか?
ライターの居住している市では、状況により「一括5万円(まで)の給付」があります。初めて明記された広報を読んだ時には驚きましたが、行政は市民の生活を維持するために活動している、そのことを実感させられました。
何かの時には、行政を頼る姿勢も必要です。一番身近な相談場所になるはずです。
また、市町村の条例レベルで前述のような制度が独自にあると思いますが、公的に、融資基準や融資額・利子・返済期間が決まっているものもあります。
公的もお金を借りる場合はこれまでに述べてきましたので、私的に借りる場合を考えてみます。

お金を借りる。ぱっと頭に浮かぶのは、身近な人に相談することでしょう。
ただし、お金のやり取りは何かと溝を生みますから、身近に簡単でありながらもよく検討してください。必ず自分に返済の能力がある時に、事情も含めて理解してくれる人を選び、話をすることが大事です。

次には、消費者金融でしょう。
「金貸し」「闇金」といった暗いイメージを払拭している最近では、キャッシングも「お金を上手に使うために必要」「もしもの時の安心材料」とされています。
時代に対応したきめ細かなサービスで、借金に対して、一番罪悪感も少なく済ませることができます。
ただし、借金地獄の話も消えたわけではありませんから、返済シミュレーションをたてておくことは必要です。
お金のことを話すのがあまりはばかられない世相になったとはいえ、貸し借りは人の間に少なからず亀裂を生じさせます。今ある制度以外に頼れる場所を見つけておくことも必要になってくるでしょう。